保育士試験おすすめ教本

「保育士になりたい、でもピアノが弾けない」「どちらかと言えば、音楽が好きなので、保育士試験では音楽を選択する」というかたは多いのではないでしょうか。

今回は、私がレッスンで使用しているおすすめの教本をご紹介いたします。まずは、音楽の試験全般について説明してくれる本はこれです。

この一冊でわかるピアノ実技と楽典増補版 保育士、幼稚園・小学校教諭を目指す人のために [ 深見友紀子 ]

価格:1,980円
(2020/6/20 13:09時点)
感想(3件)

保育士資格の音楽の実技試験や、小学校と幼稚園教諭の採用試験について詳細に書かれています。また、過去の課題曲のデータも掲載されています。「楽器の購入方法」や「試験に向けてどうやって勉強するのか」や「試験会場の様子」など、具体的です。

楽典も載っています

後半には、楽典やコードについても説明されており、この本の内容を理解して過去問を解けば、「保育実習理論」の問題は十分だと思います。

それから、「ピアノの練習」でおすすめの教本はこれです。

幼稚園・保育園・小学校の先生を目指す人の為の 基礎から学べるピアノ1、2、3【楽譜】

価格:1,430円
(2020/6/20 13:08時点)
感想(0件)

ピアノ初心者でも、1年かけてこの教本を終了すれば、バイエル後半(92~104番)程度が弾けるようになります。もちろんピアノ教室に通って、レッスンを受けたほうが良いです。

ピアノ1.2.3

この教本の良いところは、「丁寧過ぎない」ところです。進みはわりと早めで、かつポイントはおさえてあるので、限られた時間の中で、上達するにはとても良いと思います。

それから、「童謡の弾き歌い」の楽譜でおすすめなのがこれです。

子どものうた弾き歌いベスト50 注釈付き [ 深見友紀子 ]

価格:2,860円
(2020/6/20 13:19時点)
感想(0件)

曲が「50曲」と厳選されており、分厚すぎないのが良いです。実際に現場で使えそうな「おかえりのうた」「おべんとう」「やきいもグーチーパー」「犬のおまわりさん」など、レベル別に記載されています。

ポイントが書き込まれている

演奏のポイントや歌い方のコツも書かれていて、独学で取り組まれている方にも良いと思います。ただ、コードネームが載っていないのが残念です。

私の教室で使用しているのはこの3冊ですが、ほかにもたくさん弾き歌いの楽譜は出版されているので、今後も紹介していきたいと思います。

ランキングに参加しています。この記事を読んだ方はぜひクリックをお願いします
にほんブログ村 音楽ブログ ポピュラーピアノへ
にほんブログ村

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村

にほんブログ村 音楽ブログ ジャズピアノへ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です