アレンジをどう教えるか

「こんなふうに弾いてごらん」「ここはジャズっぽくこうひいたら?」先生は気軽にこんな風に言ってしまいます。でも見ただけでできたら、先生いらないよね(笑)

そうなんです。アレンジって教えるのけっこうむずかしくて、全部先生が編曲しちゃったら生徒の力は伸びないし、生徒任せにすると、当然いけてないアレンジになっちゃう。

特に、楽譜が無い中で、左右の音を組み立てるって難しいのです。とくにジャズっぽいアレンジは、左右を同時に弾くことのほうが少ないくらい、複雑なリズムです。

現在、中学生の生徒にジャズっぽいアレンジを学ばせており、いろいろと試行錯誤中です。生徒自身が作った伴奏形を活かしつつ、先生からのアレンジのアイデアを示すことにしました。

マスターしてほしいジャズっぽい複雑なリズムは、抽出して、分かりやすいように倍にして、リズム打ちから練習させることにしました。

その生徒は、コードネームを見てルートと5thで伴奏を作ることはできるようになりました。メロディーの耳コピも慣れてきました。成長しています。これからもどんどん吸収していってほしいと思います。

ランキングに参加しています。この記事を読んだ方はぜひクリックをお願いします
にほんブログ村 音楽ブログ ポピュラーピアノへ
にほんブログ村

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村

にほんブログ村 音楽ブログ ジャズピアノへ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です