良い演奏とはなにか

色彩感に富んでいて、音楽が豊かであること。楽しみがたくさんあって、たくさんの語りかけがあること。聴いている人を引き込む力があり、それが自然であること。いつも音楽が自然に湧き上がっていて、流れていること。その人にしかできない演奏、その人の人間性、個性が表れている。全体がとても自発的であること。

ピアノ演奏についての本でこの文章を見つけて、ノートにメモしていました。まさに芯をついた言葉。これ以外の言葉はいらないな、と思います。素晴らしい演奏家は、音に対する優れた美的感覚があって、自然に音楽が湧き上がってくるように演奏しています。

個人的意見ですが…クラシックは写実主義とか洗練された緻密な絵画っぽくて、ジャズは粗っぽいけどセンスある抽象的なシュールレアリズムの絵のような気がします。どちらが好みかは、見る人や聴く人の美的感覚の違い。

にほんブログ村 音楽ブログ ポピュラーピアノへ
にほんブログ村

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村

にほんブログ村 音楽ブログ ジャズピアノへ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です