幼児用手作り教本

講師を始めた頃から使用している、お手製の教本があります。幼児は、色やシール貼りが大好きなので、白音符にシールを貼らせて弾かせます。

幼児の教本として使用している「はじめてのピアノアドヴェンチャー」シリーズですが、欠点もあります。曲が簡単すぎるのです。習得してほしい内容が理解できれば、ほとんどの曲は初見で弾けるくらい簡単です。

せっかく運動神経もぐんぐん発達している時期に、両手奏の練習ができないのが辛いところです。しかも両手奏が導入されるのは、始めてから1年半後くらい(レッスンブックCの終わりのあたり)になります。それまでは交互奏です。

「知っている曲を弾きたい」「両手で弾きたい」のリクエストに応えるために、取り入れているのが自作の教本です。スケッチブックに色音符を書いて弾かせます。

5指内で弾ける簡単な童謡などがおすすめ

これだと、知っている曲ですし、音は色で見分けるので「音符を読む作業」からは解放され「弾く作業」だけに集中して取り組めます。こうすることで、左右の手の独立を訓練することができます。

生徒さんのリクエストに応えていろいろ作っていたら、現在までに60曲以上もレパートリーが増えていました。これからもどんどん増えていくのでしょうね。

生徒さんが弾いている様子はこちら

おうちでも楽しく練習中

にほんブログ村 音楽ブログ ポピュラーピアノへ
にほんブログ村

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村

にほんブログ村 音楽ブログ ジャズピアノへ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です