音大を目指すには

昨今は、音大を目指す生徒さんは減少しているようです。長引く不況のせいでしょうか、音楽よりも勉強のほうに力を入れるという傾向が強いようです。「音大の付属高校に入る学生のレベルがかなり下がっている…」とか噂は聞きます。

これは数年前の情報なので今は変わっているかもしれませんが、音大に入るためにどんな準備や練習をしたらよいのかをご紹介しようと思います。

ピアノ(以下を弾いていることが前提条件)

エチュード チェルニー30~50番全曲 

バッハ インベンションとシンフォニア全曲、フランス組曲、イギリス組曲、平均律のいくつか

古典 モーツアルト ベートーヴェン ハイドン のソナタをいつくか

ロマン派 シューベルト(即興曲) ショパン(マズルカ エチュード)、シューマン(幻想小曲集、ノヴェレッテ)

平均律、エチュード、古典ソナタ は受験の際 課題曲として弾くと思います。その他の科目は

楽典 問題集を1,2冊やる

聴音 メロディー単旋律と和声聴音 (記憶して書き取る場合もあり)

新曲視唱 30秒間楽譜を見て歌います。コールユーブンゲンを練習していくと良い

オーソドックスでこんな感じです。中1くらいから準備をしておかないと間に合わないこともありますので、先生に早く相談することが何より大切です。

にほんブログ村 音楽ブログ ポピュラーピアノへ
にほんブログ村

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村

にほんブログ村 音楽ブログ ジャズピアノへ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です