ピアノと電子ピアノどう違う?

「ピアノは買った方がよいでしょうか?」と体験レッスンなどでよく聞かれます。もちろん答えは「買った方が良いです」なのですが、「今すぐに」ではないことを伝えてます。「10歳ごろに手が完成するので、それまでは軽いタッチの電子ピアノでも良い」と伝えるようにしています。

幼児で、それほど気合(?)を入れずにレッスンを始めた方に、いきなり「購入してください」は少し乱暴かな…と思うので。数年間子供の様子を見て、準備期間を経てから本物の楽器をご用意いただけると良いのではないかと思います。

今の電子ピアノは、グレードもピンキリで(10~50万円程度の幅がある)、ヤマハの高いグレードの電子ピアノだと、確かにタッチの反応も良いし弾いていて気持ちが良いです。(→でもそれが逆に自分が上手いと錯覚してしまう。)内蔵されている音色や機能も充実しています。グレードの低いものだと、スピーカーも良くないしサンプリングされている音色も響きが乏しく奥行きのない音になってしまいます。

個人的な感想ですが、電子ピアノの1週間分の練習はアコースティックピアノの1時間の練習に劣ると思います。でもこれは、あるレベル以上の演奏について言えることで、音色やタッチまで意識がいっていない、まだ初心者レベルの方には当てはまらないかもしれません。これは高級な「ロードバイク」や「包丁」と一緒です。乗るのに(切るのに)精いっぱいなうちは、その差がわからなかもしれません…

でも「ずーっと生涯電子ピアノ」というのは、私は無いかな、と思います。(住宅事情でそうなってしまうというのはしかたがないですが)ピアノが大好きでずっと続けてきたのなら、いつかはアコースティックピアノで思う存分きれいな音色を楽しみたいですよね。

もちろん電子ピアノは1台でアンサンブルができる&持ち運べるんですごく便利なのですが、サブといった感じです。

にほんブログ村 音楽ブログ ポピュラーピアノへ
にほんブログ村

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村

にほんブログ村 音楽ブログ ジャズピアノへ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です